電子書籍サイトを全部使って比較レビューしています。マンガ・雑誌・書籍向けおすすめストアを紹介

俺の電子書籍

auブックパスの評判と使ってみた評価&比較!読み放題の注意点も解説

更新日:

auブックパスは携帯キャリアのauが運営する電子書籍サイト。

2018年の7月からau以外の方でも使えるようになりました。

au公式のサービスなのですが「実際のところどうなんだろう?」「他と比較して使いやすいのかな?」など疑問を持っている人も多いかもしれません。

そこでこの記事では、auブックパスのメリット・デメリットを両面から本音で書きました。

また管理人は多数の電子書籍サイトを試したことがありますので「他のサイトと比較してどうなの?」という点も記載しています!

▲30日間の無料お試し付き▲

はじめに結論。

手短に結論だけを知りたい方へ。

auブックパスのメリットとデメリットはこんな感じです。

auブックパスの特徴とデメリット

  • 雑誌300誌以上が月410円(税込)で読み放題(マガジンコース)
  • 4万冊以上のマンガ・書籍も合わせて読み放題(総合コース)
  • 初回は30日間無料トライアル
  • 雑誌の品ぞろえが他と比べて非常に多い
  • 他のストアよりアダルトなどの規制が弱め
  • 読み放題とは別に50万冊以上のタイトルを単品購入できる
  • マンガ読み放題は古い作品が多く、一巻しか読めない本もある
  • カテゴリ分けがうまく機能しておらず検索しにくい
  • アプリの使い勝手が良くない

auブックパス最大の特徴は何と言っても低価格で雑誌・マンガ・書籍の読み放題が使える点です。

2018年12月12日に「総合コース」「マガジンコース」に分かれ、

  • 雑誌だけ読みたい方は月410円で低額のマガジンコース
  • マンガや書籍も合わせて読みたいなら月606円の総合コース

といったように、好みに合わせて選べるようになりました。

とくに「月410円で雑誌300誌以上読み放題」というのはすべての読み放題サービスの中でも「品ぞろえトップクラス」で「最安値」です。

ジャンル別に見ても、ほぼすべてのジャンルが多く、「スポーツ」「車・バイク」「エンタメ」などはとくに充実しています。

一方でマンガ読み放題のラインナップが古いことや、アプリが他サービスに比べて使いにくいといったデメリットがあるのも事実。

ただ30日間は無料お試しがついているので、一度で使い勝手を試してみるのをオススメします。

▲30日間の無料お試し付き▲

 

auブックパスを使って感じたメリット

幅広いジャンルの雑誌300誌以上が読み放題

月410円(総合コースなら606円)で雑誌300誌以上が読めるのは、単純にとてもコスパが良いです。普通の雑誌1~2冊の料金ですからね。

また雑誌によってどこまでさかのぼれるかは異なりますが、バックナンバーが読めるのも嬉しいところ。

ジャンルも以下のようにほとんどのジャンルを網羅しています。

ジャンル取り扱い数
(2018/12/20時点)
雑誌例
時事ニュース・政治7誌紙の爆弾、ポリスマガジン、SAPIO
ビジネス・マネー9誌PRESIDENT、エコノミスト、東洋経済、週刊ダイヤモンド
芸能・週刊誌11誌週プレ、サイゾー、女性セブン、SPA!、フラッシュ
旅行・タウン情報19誌(※)各種るるぶ、各種ウォーカー系、Discover Japan
グルメ情報8誌東京カレンダー、dancyu、食楽
モノ・トレンド情報10誌GoodsPress、DIME、日経トレンディ、GetNavi
パソコン・IT4誌週刊アスキー、Mac Fan、flick!
女性ファッション26誌MORE、Oggi、with、Scawaii!、ViVi、Ray、CanCam、mina、andGIRL
男性ファッション17誌MEN'S NON-NO、POPEYE、GO OUT、Begin、MEN'S CLUB
女性向け情報誌20誌LEE、Ozmagazine、Hanako、クロワッサン、anan、LDK、CHANTO
男性向け情報誌4誌Tarzan、BRUTUS、男の隠れ家
料理・暮らし・家庭29誌オレンジページ、サライ、3分クッキング、日経ヘルス、Pre-mo
スポーツ・アウトドア41誌Number、サッカーダイジェスト、週刊プロレス、週刊パーゴルフ
車・バイク48誌BikeJIN、CARトップ、RIDERS CLUB、ル・ボラン
ホビー&カルチャー36誌Quick Japan、ラジコンマガジン、鉄道ダイヤ情報
音楽・TV・エンタメ13誌ダ・ヴィンチ、声優グランプリ、ザテレビジョンPLUS
人文・思想・歴史5誌留学ジャーナル、ムー、ケトル
デザイン・アート2誌美術手帖、建築ジャーナル
語学・教育1誌理科の探検
職業・業界誌・その他2誌PROSOUND
合計312誌

※「るるぶ」は1誌としてカウントしています

全サイトの中でもトップの品ぞろえ

雑誌読み放題サービスの中では、取り扱い数が非常に多いです。

ジャンル別に見ると「スポーツ・アウトドア」「エンタメ・趣味・娯楽」「車・バイク」などがとくに豊富です↓(スマホの方はお手数ですが横に持ってもらうと見やすいです!)

+ サイト名の略称と◎○▲×記号の意味(タップで開く)

サイト名はそれぞれ以下を略称にしています。

楽天 楽天マガジン
d dマガジン
T Tマガジン
KU Kindle Unlimited
au auブックパス
放題 ブック放題
UN U-NEXT
FO FODマガジン
MW マガジンウォーカー
タブ タブホ

→メジャーな雑誌がそろった上で特に品ぞろえが多い

→取り扱い数が多め

→取り扱い数が少なめ

×→取り扱いが2誌以下

 

楽天

d

T

KU

au

放題

UN

FO

MW

タブ

ニュース・週刊誌

×

女性ファッション

×

男性ファッション

×

女性ライフスタイル

×

男性ライフスタイル

×

×

グルメ・トラベル

×

スポーツ・アウトドア

×

車・バイク

×

×

IT・ガジェット

×

ビジネス・経済

×

×

家事・インテリア・暮らし

×

×

趣味・エンタメ・その他

マンガ雑誌

×

×

×

×

×

×

詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細

 

雑誌以外にマンガ・書籍も読める

auブックパスの大きな特徴として、雑誌だけでなくマンガ・小説・ビジネス書なども読める点があります。(総合コースの場合)

ここは雑誌しか読めないdマガジン楽天マガジンと大きく違う点です。

なお読み放題対象になっている、ジャンル別の取り扱い数は以下の通りです。

ジャンル取り扱い数
ビジネス2,023件
趣味・実用6,109件
小説4,751件
女性コミック2,793件
男性コミック2,846件
ライトノベル396件
ボーイズラブ2,670件
アダルト2,495件
グラビア2,147件

ビジネス書は初心者向けガイドからベストセラーまで

先ほどのジャンルの中でも、とくにメリットが大きいと感じたのは「ビジネス書」です。

いくつかのベストセラー本も読み放題対象になっており、やはり月606円という安さを考えると破格だと思います。

たとえばこちらはメンタリストDaiGoさんの本ですが、本の定価より読み放題の月額料金の方が安いですね。

ずっと保存しておきたいなら別ですが、単品購入するより遥かに得です。

なお「雑誌に加えビジネス書・実用書のラインナップが豊富」という声は結構見かけました。

※月584円とツイートされていますが、正しくは月562円(税込606円)です

最初の30日間は無料トライアル。期間内に止めても料金は発生しない

初回登録時は30日間のトライアル期間があります。

通常の契約と変わらずすべての機能が使えるほか、無料期間のあいだに解約すれば料金がまったくかからないというメリットもあります。

読み放題サービスは合う合わないがあるので、気軽に試せるのは非常に良い点です。

他サービスよりもアダルトの規制が弱め

たとえば以下は週刊ポストのアダルト系の特集ページですが、auブックパスとdマガジンでは修正の有無の違いがあります。

dマガジンの方はグレーに塗りつぶされていて画像が見れませんが、auブックパスは特に修正されていません。

dマガジンに限らず、電子雑誌の読み放題はグラビア画像に修正がかかっていたり、アダルト系のページには強い修正がかかっていることが多いのですが、auブックパスはこの修正が比較的弱いです。

コインを使うことで単品購入もできる

読み放題の対象となる本は限られていますが、対象外の本もauブックパス独自の「コイン」を使うことで購入できます。

コインは1コイン=1円で100コインから購入可能。自動チャージにしたりまとめて買うことでボーナスコインも付きます。

auブックパスのココがオススメ

  • 幅広いジャンルの雑誌に加え、マンガ・書籍まで読み放題で月606円
  • ビジネス書の読み放題がかなりお得
  • 30日間の無料トライアルがある
  • アダルト系の規制が他サイトより弱め
  • コインを使って単品購入も可能

▲30日間の無料お試し付き▲

 

auブックパスの本音デメリット

マンガの多くは「一部読み放題」。全巻は読めない

読み放題のマンガには、通常の「読み放題」と「一部読み放題」の2種類があります。

このうち「一部読み放題」はその作品の全巻は読めず、一部の巻のみ読み放題対象となります。

どの巻が読めるかは作品によってバラバラ。中には数十巻読めるものもありますが、一巻しか読めない作品も多いです。

読み放題対象のマンガは古い作品が多い。有名作品は少ない

auブックパスに限らないのですが、基本的にマンガ読み放題サービスで新刊や人気作品がたくさん読めることはありません。

auブックパスも基本的には旧作中心。

一部、『賭博黙示録カイジ』や『ポプテピピック』など有名な作品もありますが、『ワンピース』『ドラゴンボール』といったレベルの人気作品は読み放題対象にはなっていません。

残念ですが、あまりマンガのラインナップには期待しないほうが良いです。

auブックパスに限らず、読み放題系のサイトはマンガのラインナップがひどいので、素直にコミックに特化した単品購入サイトを選んだほうがさまざまなキャンペーン・割引もあって満足度も高いと思います。

電子コミックサイトを24コ全部試しておすすめ比較!漫画ストアまとめ一覧【保存版】

すぐにオススメサイトを見たい方はこちら   「電子コミックのサイト、多すぎてどこが良いのか ...

続きを見る

カテゴリ分けが雑で検索しにくい

たとえば「女性コミック」というカテゴリがあるのですが、このカテゴリには

  • 少女マンガ
  • 女性向けマンガ
  • ティーンズラブ(ソフトなアダルト)
  • ハーレクイン

がごっちゃになっています。

また、最近流行っている「虐待」「胸くそ悪い話」などの本も同時に表示されてしまうので、そんなの見たくないよという人も。

アプリの使い勝手が悪い

個人的に、使っていて一番のデメリットだと感じました。

いくつか不便な点を挙げます。

アプリでは本の検索ができない

大抵の読み放題系アプリは、「アプリの中で雑誌・マンガを探して、そのまま読めたりダウンロードできる」ものが多いです。

ですがauブックパスのアプリは「オススメ」で表示されている本以外、自分から検索することができません。

たとえば、先ほどの『賭博黙示録カイジ』をアプリで読むためには、「サイトにアクセス」→「『カイジ』を検索」→「auブックパスのアプリにダウンロード」→「読む」という手順を踏む必要があります。

結局、ダウンロードするためにはサイトへのアクセスが必要になるため、アプリを使う意味があまりなくなっている、というのが現状だと思います。

ダウンロードしたはずなのに頻繁に読み込みが発生する

ダウンロードするのは、Webへのアクセスをなくして快適に読むため、という目的があるはずなのですが、なぜかauブックパスのビューアはダウンロードした本にも関わらず頻繁に細かい読み込み時間が発生します。

↑こんな感じでページめくりにタイムラグが出る

ブラウザで読んでいるのであれば、動画サイトなどと同じでラグが出るのは分かるのですが、「ダウンロードして端末に保存しているのにラグが出る」のはちょっといただけない仕様だと思います。

ダウンロード中に読めない

多くのアプリには「ダウンロードしながら読む」という便利機能があるのですが、auブックパスには備わっていません。

本を完全にダウンロードするまで、読むことができないので待ち時間が生まれてしまいます。

結局…

少し辛口になってしまいますが、

「アプリ単体で検索したり本を探すことができないのに、肝心のアプリビューアの使い勝手が悪い」

ので、ぶっちゃけアプリ使わずサイトだけでいいのでは?というのが正直な感想です。

auブックパスのココがイマイチ

  • マンガは全巻読み放題ではない作品も多く、古い作品が中心
  • カテゴリ分けが雑
  • アプリが使いにくい

 

auブックパスのサイト情報

基本情報

auブックパス 
運営会社KDDI株式会社
サービス開始年月2012年12月
月額料金562円
読み放題数雑誌・コミック・書籍合わせて40,000冊以上
無料期間30日間

料金

読み放題

  • 総合コース:月額562円(税込606円)
  • マガジンコース:月額380円(税込410円)

※月の途中から入会した場合、日割り計算になります。

コイン(都度購入)

都度購入の場合、100円から購入可能です。1,000コイン以上まとめて買うとボーナスが付きます。

プラン名料金コイン備考
プラス100100円100コイン
プラス300300円300コイン
プラス500500円500コイン
プラス10001,000円1,010コインボーナス10コイン
プラス20002,000円2,100コインボーナス100コイン
プラス50005,000円5,500コインボーナス500コイン
プラス98009,800円11,300コインボーナス1,500コイン

コイン(自動チャージ)

自動チャージのプランは、毎月1日に自動でコインが付与されます。都度購入よりボーナスコインが多いのが特徴です。

プラン名月額料金コイン備考
月額500500円525コインボーナス25コイン
月額10001,000円1,080コインボーナス80コイン
月額20002,000円2,200コインボーナス200コイン
月額50005,000円5,750コインボーナス750コイン
月額98009,800円11,800コインボーナス2,000コイン

支払い方法

  • auかんたん決済(au WALLETポイントも併用可)※auユーザーのみ
  • クレジットカード
  • コイン決済
  • WebMoney

対応端末・台数制限

  • パソコン(Win/Mac)
  • iOS(iphone/iPad/iPod touch)
  • Android(スマートフォン/タブレット)

合わせて5台まで利用可能。

 

解約について

解約の注意点

解約すると、その時点で読み放題プランのすべての作品が読めなくなります。

利用期間が残っていても即座に読めなくなるので、末日に退会したほうが目一杯使えます。

解約方法

解約は2つの方法があります。

auブックパスの公式サイトから解約する場合、右上の「メニュー」→「マイページ」→「読み放題プラン退会」→一番下までスクロールして「退会手続きを続ける」→「退会する」で解約可能。

またauユーザーの方は、au Webポータル(新しいタブで開きます)から「ブックパス 退会」→一番下までスクロールして「退会手続きを続ける」→「退会する」でも解約できます。

 

auブックパスを5点満点で評価

料金・キャンペーン(5点)

   

低価格でオールジャンルをカバーしているため、あまり本を読まない人でも十分元が取れると思います。ここに関しては文句なし。

品ぞろえ(4点)

 

雑誌の読み放題サービスとしてはトップクラスの取り扱い数。

マンガ・書籍も読み放題対象は4万冊以上とかなり多いです。ただしマンガに関してはラインナップが古いため、人によっては「あんまり読みたいマンガがない」と感じるかもしれません。

使い勝手(3点)

 

auブックパスで一番の不満点です。

他サービスと比較すると、どうしてもアプリの使い勝手の悪さが目立ちます。本の検索がしにくいのもマイナス。

独自性(4点)

 

auの公式サービスのためWALLETポイントが使える点や、そして理由は不明ですがアダルト規制が弱い点は特徴として挙げられると思います。

総合評価(4点)

 

ドコモの「dマガジン」、ソフトバンクの「ブック放題」に並ぶ3大キャリアの電子書籍サービスであるauブックパス。

以前、これらのサービスはどれもキャリア限定(dマガジンはドコモユーザーのみ、ブック放題はソフトバンクユーザーのみ)だったのですが、2014年~2018年にかけて3サービスともキャリアフリー可されました。

ひとことで特徴をいうと、auブックパスはとにかく雑誌の取り扱い数が豊富。これに尽きます。

また「雑誌」と「書籍」と「マンガ」が同時に読み放題で開放されているのはauブックパスの他にkindle Unlimitedくらいしかありません。

雑誌も書籍もマンガもまんべんなく楽しみたい人にはピッタリです。

逆に、何度かこの記事で書きましたが、「使いやすさ」「マンガの品ぞろえ」に関してはちょっと難があるので、この点を気にする方は一度お試し登録で使ってみてから、本登録をするかどうか決めるのが良いでしょう。

▲30日間の無料お試し付き▲

 

他の雑誌読み放題との比較

雑誌読み放題サービスの主な項目を比較して一覧表にまとめました。表が大きいのでスマホで見ている方は横回転させると見やすいと思います。

雑誌読み放題サービス一覧(比較表)

サイト名運営会社特徴デメリット月額料金雑誌数お試し
楽天マガジン楽天最安料金。年払いで楽天ポイントが1,000ポイント。はじめての方にオススメ年払いの場合、途中解約しても返金されない410円(※)283誌31日間
dマガジンNTTドコモ雑誌読み放題でシェアNo.1。アプリが多機能。使い方ガイドが親切スポーツ・車・バイク雑誌がやや少なめ432円256誌31日間
TマガジンTマガジン取り扱い数が多く低価格。コミック誌・アダルト本も読める。Tポイントが貯まるアプリの不具合が多い432円456誌1ヶ月
kindle Unlimitedアマゾンジャパンマンガ・書籍も120,000冊以上読み放題やや料金が高め。同時に保存しておけるのは10冊まで980円不明30日間
auブックパスKDDI総合コースはマンガ・書籍も40,000冊以上読み放題アプリの使い勝手が良くない606円/410円(※)361誌30日間
ブック放題ビューン(ソフトバンク関連会社)マンガ20,000冊以上、るるぶ100冊以上読み放題車・バイク雑誌がやや少ない。アプリの機能が少ない540円232誌1ヶ月
タブホオプティム車・バイク・レシピ・旅行雑誌が豊富。るるぶ・ぴあなど単発雑誌が多い多くの雑誌で配信が1号遅れ。お試し期間が短い。解約・登録がやや複雑540円(※)201誌14日間
マガジンウォーカーブックウォーカーゲーム・アニメ・マンガ誌が充実。BL・TL誌も取り扱い有ゲーム・アニメ・マンガ誌以外は全体的に少なめ540円90誌月末まで
U-NEXTU-NEXT 映画・ドラマ・アニメ等80,000本以上見放題取り扱い数は最少。バックナンバー購読不可。料金高め2,149円77誌31日間

※雑誌数は2019年7月23日時点のデータです。
※月額料金はすべて税込表記。楽天マガジンは年払いの場合3,888円、タブホのアプリ版は500円。auブックパスは総合コース/マガジンコースの料金です。

雑誌読み放題12社の中でのオススメサイト+料金・ラインナップ・機能などから比較

定額の雑誌読み放題12社、全部試しておすすめ比較!【2019年最新・比較表あり】

すぐにおすすめサイトを見る   「雑誌の読み放題サイト、結局どこがいいんだろう?」 &nb ...

続きを見る

 

Copyright© 俺の電子書籍 , 2019 All Rights Reserved.