電子書籍サイトを全部使って比較レビューしています。マンガ・雑誌・書籍向けおすすめストアを紹介

俺の電子書籍

ひかりTVブックの評判と、実際に使って分かったメリット・デメリット【辛口レビュー】

ひかりTVブック 
運営会社株式会社NTTぷらら
サービス開始年2012年
登録に必要な情報メールアドレス
氏名
性別
生年月日
ひかりTV加入状況
メールマガジンあり
料金制度単品購入
月額プラン
雑誌読み放題
プラン料金月額330円~5500円
雑誌読み放題は月額495円(月額プランとセットの場合は440円)
支払い方法クレジットカード
ぷらら合算支払い
ドコモ払い
auかんたん決済
ソフトバンク(ワイモバイル)まとめて支払い
SSL対応
対応端末PC・スマートフォン・タブレット・テレビ(ひかりTVチューナー)
SIMフリー端末対応
利用可能台数5台まで
機種変更時の引継可能
ポイント有効期限付与月から5ヶ月後の末日
マンガ閲覧期限無期限
保存・ダウンロード可能
解約時の仕様ポイントはそのまま
買った作品は引き続き読める
年齢制限性的・暴力的な表現が含まれる書籍はフィルターあり

NTTぷららの「ひかりTV」サービスのひとつとして2012年からスタートした、ひかりTVブック。

電子書籍サービスとしては新しいサイトですが、魅力的なキャンペーンやクーポンでユーザーが増えているようです。

今回はこのひかりTVブックを実際に使ってみて分かった良い面・悪い面と、利用者の声を合わせて見ていきたいと思います。

やや辛口のレビューになっていますのでご了承を…

 

とりあえず公式サイトを確認したい方はこちらからどうぞ。

 

ひかりTVブックを使ってみて分かったメリット

ポイント◯倍のキャペーンや割引クーポンが多い

他のサイトには無いような面白いキャンペーンや割引が多いです。

たとえば、「進撃の巨人最新刊を買うとポイントが99倍」になるキャンペーン。

ひかりTVのLINEを友だち追加し、クーポンを入力するとポイントが99倍になるという面白いキャンペーンです。99倍というと「440円で買って396ポイントが戻ってくる」ので、実質44円で買えることになりますね。

 

他にも割引系のクーポンは時期ごとに配布されています。

ひかりTVブックのクーポンのいいところは、購入画面で使えるクーポンを表示してくれるところですね。

わざわざクーポンコードを探す手間が省けるので、ユーザーに優しい作りになっていると思います。

 

BL作品のポイント50%還元がデカい

クーポンの話の続きになりますが、BLコーナーでは「購入した金額の50%をポイント還元」キャンペーンを定期的に行っています。

たとえば400円分買えば200円分のポイントが戻ってくるため、次回の本を200円引きで買えます。「実質」半額になっているのに近いですね。

 

低価格の雑誌読み放題

450誌1200冊以上の雑誌を495円で読むことができます。(月額プランと同時の場合は440円)

  • 大衆誌:フライデー、週刊現代、SPA!など
  • ファッション:MORE、non-no、MAQUIA、MENS NON-NOなど
  • ライフスタイル:Daytone、OZ、Hanako、Lightningなど
  • その他:レシピ本、旅行本など

単純に料金が安いですし、雑誌は電子で買うと画像が多く容量を食うので保存せずに読める読み放題とマッチしています。

 

アプリビューアの機能が豊富

ひかりTVブックには専用アプリがあります。

基本的な機能だと、「目次」からのジャンプや「しおり」を挟んだページへのジャンプ機能。

 

画面の明るさも調節することができます。

ページのめくり方も「スライド」「たてスクロール」「よこスクロール」「ブック(ペラっとめくるエフェクト)」「シンプル」から選ぶことが可能。

これはちょっとマニアックな機能ですね。

 

ひかりTVブックのデメリットを本音で語る

今まではひかりTVブックの良い面を見てきました。

ここからは、使っていく中で分かったデメリットや、口コミで言及されていた不満を取り上げながら、本音でデメリットの面についても書いていこうと思います。

取り扱い作品数はあまり多くない

全ジャンルについて言えるのですが、取り扱い作品数は他サイトと比較してあまり多くありません。

 総合少年・青年少女・女性TLBLアダルト
コミック
ハーレクイン
(小説含む)
ラノベ
ebookjapan648620110361619942369925534382121414923431
ココロブックス45749388921533871834117241314311263115495
ひかりTVブック4050408213259321191971931924332666215758
UNEXT14772873965449856792787876976411

電子書籍サイトには「1シリーズを1作品としてカウントするサイト」「1巻、2巻…を別作品としてカウントするサイト」があります。

ひかりTVブックは後者の方です。

「異なる巻を別作品としてカウントするサイト」は少なく、比較対象のサイトが3つしかないのですが、取り扱い作品数が他に比べて少ないことは分かると思います。

単純な品ぞろえの豊富さでいえば、書籍を専門としているeBookJapanが圧倒的に上です。

参入して間もないU-NEXTよりは多いのですが、もう少し頑張ってほしい点だと思います。

 

毎回メルマガ登録にチェックが入っている

購入画面で、最初から「メールマガジンの購読」にチェックが入っています。

それはいいとしても、チェックを外したあとにポイントを使ったりクーポンを入力したりすると、またチェックが入り直しになってしまいます。

メルマガを読むつもりがない場合は少し不親切な仕様かと思います。

 

BLポイント50倍は有効期限が短い

メリットのところで紹介した「BLコミックのポイント50倍還元」ですが、これは特殊なポイントなので有効期限が短く設定されています。

通常のブックミュージックポイント(ひかりTVブックで使えるポイント)は5ヶ月後の末日まで有効なのですが、これよりも短く設定されることが多いです。

上の画像だと利用期限は1ヶ月後の末日までとなっています。

なるべく早く使い切ればよいのですが、期限が短い点には注意が必要です。

 

修正が強め

電子書籍サービスはどのサイトもある程度仕方ないのですが、BLやアダルト系作品で修正(白塗り・黒塗り)があります。

これは各社によって違うのですが、ユーザーの声を聞くとひかりTVブックは特に強い修正がかかっているようです。

 

ダウンロード中に読めない

アプリにダウンロードして作品を保存できるのですが、このダウンロード時に難点が。

たとえば1~5巻を複数購入して本棚で読もうとすると、5巻からダウンロードされたりして、はじめの1巻目を読むのに結構待たされることがあります。

eBookJapanなど他のビューアだと「ダウンロードしながら読書」機能を備えているので、ストレスフリーという面ではやや劣ってしまいます。

 

タグがないため同じ志向の作品を探しにくい

たとえば「学園モノ」「ファンタジー」などのジャンルでタグ付けされていないため、似たような作品を探すのに苦労します。

設定されているのは

  • 「作者」
  • 「サブジャンル(少年・少女マンガなど)」
  • 「出版社」
  • 「掲載誌」

だけです。

どんな内容の作品かだけでもタグづけしてくれると、同じような作品を探しやすかったかと思います。

 

ひかりTVブックに関する個人的な感想-まとめ

ひかりTVブックの感想をひとことで言うと、

「サイトの使い勝手には不満が残るし、そこまで知名度の高いサイトではないが、実はキャンペーン・クーポンをうまく使えばお得。特にBLを中心に読む方にはおすすめできる」

となります。

デメリットの項目で取り上げた、

  • 「メルマガのチェックが毎回入っている」
  • 「ダウンロード中に読めない」
  • 「タグが適切につけられていない」

などの不満点は確かに存在します。

取り扱っている作品数も他サイトより正直少なめです。

ですが、割引率の高いクーポンはうまく使えば本当におトクに使えますし、BLの50%ポイント還元などは他サイトではあまり見かけない魅力的なキャンペーンです。

また口コミを見ていくと、ひかりTVブックを「他サイトと併用して使っている」人がかなり多いことに気付きました。

最近では各サイトが独自のキャンペーンを行っているため、2~3のサイトを比較して安いところを狙って使う方も増えています。

ひかりTVブックは併用して使えるサイトの選択肢のひとつとして、管理人としてもおすすめしています。

 

 

 

【補足】ひかりTVブックのよくある質問

月額プランって登録した方が良いの?

登録した方が料金的には得します。

ひかりTVブックには以下のような月額制のプランがあり、どのプランもボーナスポイントがもらえます。

コースの解約は自由なので、使わなかったら解約してしまえば自動で料金がかかることもありません。

単純にポイントが増えて読めるコミックも増えるので、「月額プランがどうしてもイヤ」という方でなければ登録することをオススメしています。

以下の記事で登録方法も解説しています。

 

おすすめの月額プランは?

どれくらい月に読みたいかによって変わってきます。

目安は以下の表にまとめましたので、参考にして下さい。

月額コース巻で購入
540円0~1巻
1,080円1~2巻
2,160円2~5巻
3,240円4~7巻
5,400円7~12巻

 

 

使ってみて分かった、本当に優良なサイト

eBookJapan:マンガを読む方にもっともおすすめ

会員数160万人以上、ヤフーの子会社が運営するサイトです。

とにかくマンガの充実度とキャンペーンが凄まじく、マンガ中心の方なら一番おすすめ。

2016年のインプレス総合研究所で行われた満足度調査では、全サイト中で1位にもなりました。

AmazonKindleストア:小説や実用書ならココ!

日本でのシェア1位のKindle。

ビジネス書や専門書、小説など「活字」の書籍ならKindleがベストでしょう。

アプリも全文検索やハイライトなど機能が非常に優れています。

FANZA(DMM)電子書籍:オトナ向け作品にめっぽう強い

男性ならご存じFANZA(旧DMMアダルト)が運営するストア。

オトナ向けのジャンルが非常に充実しているのが特徴。他のストアでは取り扱いが少ない同人誌も扱っています。

また大型連休には人気作品が半額で買えるセールを行っているのも魅力。

Copyright© 俺の電子書籍 , 2019 All Rights Reserved.