電子書籍サイトを全部使って比較レビューしています。マンガ・雑誌・書籍向けおすすめストアを紹介

俺の電子書籍

いつでも書店の評判と使った感想|解約方法も解説(退会後も読める?)

いつでも書店は2012年からスタートした電子書店。

eoやToppa!といったインターネットのプロバイダと提携したり、以前はリアル書店のヴィレッジ・ヴァンガードともコラボしていたので、名前だけは見かけた人もいるかもしれません。

ですがAmazon Kindleや楽天Koboなどの大手に比べると、まだまだ知名度が低いのも事実なので、

「いつでも書店ってどんなストアなの?」
「使っても大丈夫?」

と疑問を持つ方も多いでしょう。

そこでこの記事では、いつでも書店を実際に使ってみた中で感じた「特徴・欠点」をどちらも正直に書きました。(私の意見だけではなく、口コミも含めて掲載しています)

また私は今までに20以上の電子書籍サイトを使ったことがありますので、「他ストアと比べてどうか?」という点も記載しています。

いつでも書店を使ってみよう、と考えている方はぜひ参考にしてみてください!

いつでも書店の公式サイトへ

>先に解約方法を見たい方はこちら<

はじめに結論。

いつでも書店の特徴とデメリット

  • 月額プランに入会でボーナスポイントがもらえる
  • 「かもめんたるの4コマ」や「私立いつでも高校」などのユニークなコンテンツ
  • 全体的に品ぞろえが良くない
  • 独自のキャンペーンなどの割引が他と比べて少ない
  • アプリの評判が悪い

いつでも書店は「月額プラン」に加入すると「ボーナスポイント」がもらえる仕組みになっています。

たとえば500円のプランだと、ボーナス含め750ポイントがもらえるので、250円分お得というわけですね。

この「月額プラン制」のストアは多いのですが、いつでも書店は比較的ボーナスポイントが多めに設定されているのが特徴です。

 

逆にデメリットとしては品ぞろえが全体的に悪い・独自のキャンペーンがほぼ無い・アプリの評判が悪いという3点があります。

とくに「アプリの評判」に関してはレビューで結構ズタボロに書かれているので、見て心配になった方も多いかもしれません。

現在は少し改善されているようですが、これから使う場合はデメリットに関してもチェックしておいた方が良いでしょう。

 

結論を言ってしまうと、「悪いストアじゃないけど、取り立てて良くもない」というのが正直な感想です。

現在は品ぞろえ・料金・使い勝手・オリジナル性のすべてに優れたサイトも多くなってきているので、いつでも書店のような「悪くはないんだけど…」くらいのサイトはなかなかオススメしにくいのが本音ですね。

 

いつでも書店の本音デメリット・悪い口コミ

いつでも書店は、メリットよりも不満点の方が多かったため、先にデメリットから解説します。

全体的に品ぞろえが良くない

ほとんどのジャンルで品ぞろえが良くないです。

以下は大手電子書店のコミックシーモアとジャンル別の取り扱い数を比較した表です↓

ジャンル いつでも書店 コミックシーモア
書籍(※) 116,609 186,702
コミック総合 90,739 104,049
少年コミック 5,949 7,346
少女コミック 11,453 12,623
青年コミック 14,018 18,525
女性コミック(※) 15,720 20,409
TL・BL 26,549 27,640
アダルトコミック 14,689 17,506

※2019年4月21日時点のデータです
※「書籍」は「小説・ラノベ・実用書」の合算数です
※「女性コミック」は「レディコミ・ハーレクイン」を含みます

カウントして分かったのは、

  • コミック・書籍(活字の本)ともに全体的に少ない
  • 少年・青年・女性向けコミックはとくに少ない
  • TL・BLはまあまあの品ぞろえ

ということです。

メジャーな作品を読むのであれば問題ないかもしれませんが、ややマイナーなものだと見つからないこともあると思います。

その場合は素直に他のストアを探すしかないですね。

独自のキャンペーンなどはほぼ無し

実は、電子書店の割引・キャンペーンは2種類あります。

  1. 出版社側が行っているキャンペーン
  2. 電子書店が独自に行なっているキャンペーン

この内、「1」の出版社側のキャンペーンは、他の多くのストアでも開催されているんです。

たとえば、「4月の君、スピカ。」という作品が映画化された際に「2巻無料」のキャンペーンがありました。

以下はいつでも書店でのキャンペーンの画像です↓

これとまったく同じキャンペーンは他ストアでもあって、先ほど少し触れたコミックシーモアでも同じキャンペーンをやっていました↓

ここで問題なのは、「2」のオリジナルキャンペーンがいつでも書店ではとても少ないことです。

ほとんどが他ストアでも開催されている、いわば「共通キャンペーン」なので、「どこ使ってもいいじゃん」ということになってしまいます。

今は多くの電子書店が独自の割引・クーポン・セールを行っているため、オリジナルな割引がないと、あまりお得感はありません。

アプリの評判が悪い

アプリのレビューがかなり悪いです↓

平均で2.2点。☆1の評価も多いですね。

具体的に低評価の内容を見てみましょう↓

  • 「アプリが落ちる」
  • 「ダウンロードできなくなった(期限内なのに)」
  • 「書籍がバグで消えたのに買い直せと連絡が来た」

など、アプリ側の問題(バグなど)が理由で低評価にしているものが多かったです。

一応、私が使ってみた限りでは強制終了やダウンロードできないという不具合はなかったですし、最近は頻繁にバージョンアップされているようなので、改善されているとは思います。

ただ、こういったレビューが多いことは覚えておいた方が良いでしょう。

 

いつでも書店のココがイマイチ

  • どのジャンルも品ぞろえが良くない
  • オリジナルのキャンペーンがほとんど無い
  • アプリの評判が悪い

なお、私が20以上の電子書店を使ってみて「良いな」と感じたサイトは以下の記事にまとめています↓

電子コミックサイトを24コ全部試しておすすめ比較!漫画ストアまとめ一覧【保存版】

すぐにオススメサイトを見たい方はこちら   「電子コミックのサイト、多すぎてどこが良いのか ...

続きを見る

 

いつでも書店を使って感じたメリット

月額プランに入会でボーナスポイント

いつでも書店は「月額プランに入ってポイントをもらい、そのポイントで本を買う」仕組みになっています。

「え、二度手間じゃん」

と思われるかもしれませんが、月額プランに入ると「ボーナスポイント」が付きます↓

このボーナスポイントの分だけ、金額的にお得というわけですね。

このような「月額プラン制」のストアは数多くあり、ストアによって「ボーナスポイントの多さ」が違ってきます。

いつでも書店は平均よりもかなりボーナスが多い方ですね。

ただ、先ほど書いた「独自のキャンペーンが少ない」という欠点もあるので、総合的にはトントンくらいかもしれませんが…

ユニークなコンテンツがある

以下のような、少し変わったコンテンツがあります。

かもめんたるの4コマ

お笑いコンビ「かもめんたる」の岩崎う大さんが書いている4コマ漫画が、

「岩崎う大の4コマ人生塾」

というコーナーで掲載されています(毎週更新)

以前はツイッターに投稿されていたのですが、今はいつでも書店で見れるようです。

私立いつでも高校

オリジナルの「番長」「いつどこ君」「棚本しおり」というキャラクターによるオススメ本の紹介コーナー

実は170回以上続いているというから驚きます。

過去の話もさかのぼって読めるので、ヒマなときに見てみると、意外な本が見つかるかもしれません。

 

いつでも書店のココがオススメ

  • 月額プランのボーナスポイントが多い
  • ユニークなコンテンツがある

いつでも書店の公式サイトへ

 

いつでも書店の詳細

基本情報

いつでも書店  
運営会社 株式会社ZITTO
サイト開設 2012年11月

月額プラン料金(クレジットカード払いの場合)

月額料金
(税込)
ボーナス 合計ポイント
(ボーナス含む)
540円 +250pt 750pt
810円 +375pt 1,125pt
1,080円 +500pt 1,500pt
2,160円 +1,000pt 3,000pt
3,240円 +1,500pt 4,500pt
5,400円 +2,500pt 7,500pt

支払い方法

  • クレジットカード決済
  • ドコモ払い
  • auかんたん決済
  • ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い
  • Toppa!プロバイダ決済
  • eoプロバイダー料金合算支払い
  • スマモバ決済
  • LG決済
  • 楽天ペイ

※ログイン方法によって利用できる決済方法が異なります

対応端末

  • パソコン(Windows / Mac)
  • スマートフォン(iPhone / Android)
  • タブレット(iPad / Android)

※1アカウントで3台まで利用可能

 

解約について

月額プラン解約の注意点

いつでも書店の月額プランは「毎月の自動更新」なので、止めるときは解約の手続きが必要になります。

解約しても、

  • ポイントは付与から6ヶ月後の末日まで使える
  • 今まで買った本は解約後も読める

ので、とくにデメリットはありません。

解約方法

サイト右上にある「メニュー」をタップ。

下にスクロールして「月額プラン退会」を選びます。

月額プラン登録解除のページが開きます。一番下の方までずっとスクロールしていくと、「解除したい決済選択」というボタンがありますのでこちらをタップ。

購入した支払い方法と選びます。

解除する月額プランの右側の欄が赤くなっていますので「同意の上月額プランを解除」を押します。

最後の解約確認画面が出ます。

「解約」ボタンを押すと完了です。

いつでも書店の月額プラン解約手順は以上です。

 

管理人のいつでも書店評価

料金・キャンペーン(3.5点)

月額プランのボーナスポイントが多いのは強み。定期的に購入するなら一考の余地ありです。

ただ前述の通り独自のキャンペーンが少ないので、トータルで見るとどうかな、といったところです。

品ぞろえ(3点)

あまり品ぞろえが良いとは言えません。

BL・TL以外のジャンルはそこまで充実しておらず、とくに少年・青年マンガあたりは明確に少ないですね。

使い勝手(2.5点)

現在は多少マシになっていますが、アプリの強制終了・ダウンロード不可などの不具合には注意が必要です。

スマートフォンのアプリは、OS(iOS・Android)のアップデートにともなって不具合が起こることが多いので、頻繁に更新してくれると安心できるのですが…

独自性(3点)

4コマや本の紹介などの独自コンテンツはたしかにあるのですが、そこまでの強みと言えるかは疑問です。

総合評価(3点)

 

「はじめに結論。」のところでも書きましたが、ちょっと半端な感じがあるストアです。

ボーナスポイントが多いというメリットがあるのに割引は少なかったり、総合書店なのにどのジャンルも取り扱いが少なかったり、独自コンテンツはあるのにどこか中途半端だったり、、

なかなか胸を張ってオススメしにくいのが本当のところですね。

いつでも書店の公式サイトへ

 

他の電子書店との比較

eBookJapan

「マンガ日本最大級」が最大の特徴。オリジナルのキャンペーンが非常に多く、YahooIDと連携させるとポイントが20~50倍ほどになる超お得なものを定期的に開催しています。個人的にはマンガ買うならココ一択だと思っています。

eBookJapanの評判と口コミまとめ&使ってみたメリット・デメリット

eBookJapan(イーブックジャパン)は会員数160万人以上、日本で最大級のマンガをそろえている ...

続きを見る

Amazon Kindle

小説やビジネス書など、活字の書籍に関しては最大級のストア。PC・スマホ・タブレット・専用端末のKindleすべてに対応していて、「どこまで読んだか」「マーカーをつけた部分」「しおりを挟んだページ」「メモ」などすべてを同期可能で機能面も充実。

Amazon Kindleストアの評価と比較|4年以上使ったメリット・デメリットまとめ

Kindleストアは、日本で最大のオンライン書店Amazon内にある電子書籍ストア。 日本でのシェア ...

続きを見る

自分に合った電子書店を見つけたい方へ

私が20以上の電子書籍サイトを使った中でおすすめのストア&おすすめできないストアを全部まとめてみました。いろいろと比較したい方はどうぞ↓

電子コミックサイトを24コ全部試しておすすめ比較!漫画ストアまとめ一覧【保存版】

すぐにオススメサイトを見たい方はこちら   「電子コミックのサイト、多すぎてどこが良いのか ...

続きを見る

 

使ってみて分かった、本当に優良なサイト

eBookJapan:マンガを読む方にもっともおすすめ

会員数160万人以上、ヤフーの子会社が運営するサイトです。

とにかくマンガの充実度とキャンペーンが凄まじく、マンガ中心の方なら一番おすすめ。

2016年のインプレス総合研究所で行われた満足度調査では、全サイト中で1位にもなりました。

AmazonKindleストア:小説や実用書ならココ!

日本でのシェア1位のKindle。

ビジネス書や専門書、小説など「活字」の書籍ならKindleがベストでしょう。

アプリも全文検索やハイライトなど機能が非常に優れています。

FANZA(DMM)電子書籍:オトナ向け作品にめっぽう強い

男性ならご存じFANZA(旧DMMアダルト)が運営するストア。

オトナ向けのジャンルが非常に充実しているのが特徴。他のストアでは取り扱いが少ない同人誌も扱っています。

また大型連休には人気作品が半額で買えるセールを行っているのも魅力。

Copyright© 俺の電子書籍 , 2019 All Rights Reserved.