電子書籍サイトを全部使って比較レビューしています。マンガ・雑誌・書籍向けおすすめストアを紹介

俺の電子書籍

BookLive!コミック(旧ハンディコミック)のメリット・デメリット【辛口レビュー】

更新日:

日本で初めてガラケー向けにマンガ配信を始めたBookLive!コミック。

当時は「Handyコミック」という名前だったのですが、2018年にBookLive!コミック(以下、「ブッコミ」)に名前を変更しました。

15年以上の長い歴史を持つサイトですが、管理人が「数ヶ月使ってみて、他のサイトと比べて、詳細に分析してみた」結果、メリットとデメリットが浮かび上がってきました。

この記事ではブッコミの良い面も良くない面も両方とも、本音で書いてみました。

なかなかの辛口レビューになっていますが、これからブッコミを使うことを検討されている方の参考になればと思います。

とりあえずブッコミの公式サイトを見たい方はこちらからどうぞ。

 

ブッコミを使って分析して気付いたメリット

特に優秀 アダルト・BLコミックの取り扱い数が多い

ブッコミはアダルトコミック(オトナコミック)の取り扱いが非常に多いサイトです。

上のグラフは主要な月額コース制サイトのアダルトコミック作品数を比較したものですが、ブッコミが際立って多いのが分かります。

ブッコミと同じ、月額コース制の中では一番と言えます。

また、BL(ボーイズラブ)に関しても

コミックシーモアには一歩劣りますが、それでも全体の中ではかなり多い方です。

この2ジャンルは特集している量や、無料コミックの数も多いのでメインでアダルト・BLを読みたい方には特におすすめできます。

一般コミックの取り扱い数も多い

ブッコミはアダルト系コミックの広告が多いため、一般コミックが多い印象は、管理人としてはありませんでした。

ですが他のサイトと比較してみると、少年・青年マンガについても、

BLと同じくコミックシーモアよりは少ないですが、それでもかなり充実しているジャンルです。

また、少女・女性向け作品も、

こちらは非常に取り扱いが多いジャンルとなっています。

実はBookLive!コミックは男女比が5:5~4:6でやや女性のユーザーの方が多いのです。(『電子書籍ビジネス調査報告書2017』-インプレス総合研究所より)

アダルト系広告が多いため、男性ユーザーの方が多いと思っている方も多いかも知れませんが、実は女性の方が少し多いくらいです。

それが理由なのか、少女・女性向けマンガはかなり充実していると言えますね。

※注1 上記グラフは、巻・話どちらも配信されているサイトの場合、取り扱いが多い配信方式の作品数をカウントしています
※注2 2018年4月時点の作品数です

特に優秀 月額コースのポイントボーナスが他のサイトより多い

月額コースに登録すると、通常ポイントの他にボーナスポイントがもらえます。

ブッコミは珍しく「初月と2ヶ月目以降でボーナスポイント数が違う」サイトです。

下の表にまとめましたが、初月のボーナスポイントは他サイトに比べて非常に多く設定されています。

コース
料金
ブッコミ
初月
ブッコミ
継続
まんが
王国 初月
まんが
王国 継続
コミなびコミック
シーモア
ソク読み
(初月)
ソク読み
(2ヶ月目)
ソク読み
(3ヶ月目以降)
楽天
マンガ
めちゃ
コミック
アクセス
ブックス
ひかりTV
ブック
コミック
フェスタ
まんが
こっち
300円90320060030000
500円15054501001005010203050505010050
1000円30018415024025015050100150200200150200200300
1500円350300
2000円600486500500500450450450300400600600
3000円900746780780750690300450600700500600
4000円1000
5000円16001296140015001250120075011001250115012008001200
10000円330027003000300020002500200027003000250025001800
20000円700054003000600050005000
30000円40007500
備考初回のみ初回のみ

(赤字は初月ボーナスの最大値、青字は2ヶ月目以降継続した場合のボーナスの最大値)

赤字が登録初月の最高ポイント、青字が2ヶ月目以降の最高ポイントです)

初月ボーナスが魅力的ですが2ヶ月目以降もそれなりに多いので、ボーナスポイントには期待して良いと思います。

補足-消費税分について

なお、ブッコミはマンガを買うときに必要なポイントに消費税分が加わっています。

たとえば他のサイトでは50ポイントの作品は、ブッコミだと50×1.08(消費税分)=54ポイントかかります。

その代わり通常ポイントも消費税分がもらえるようになっています。(他サイトは540円コースで通常500ポイントの付与ですが、ブッコミでは消費税分も入って540円コースで540ポイント付与される)

こうやって消費税分が打ち消されていることと、ボーナスポイントの多さを考えると、消費税がかかっていてもポイントに関しては他のサイトよりお得だと言えます。

※注3 ボーナスポイントの表について。支払い方法によってボーナスが変わるサイトの場合、最もボーナスが多い場合の数字です
※注4 2018年4月時点のデータです。最新の情報は各公式サイトでご確認下さい

日替わり無料連載が楽しい

ブッコミでは毎日1話無料で読める「日替わり無料連載」があります。

ジャンルはアダルト系で気軽に読める内容のものが多いので、とりあえず暇つぶしをしたいときには良いかなと思います。

話題になっている作品は無料配信や値引きが多い

アニメ化・ドラマ化・映画化されることになった話題作は最初の数話(数巻)が無料になったり、半額などの値引きが行われることが多いです。

「映画化されたあの作品の原作読みたいなー」というときはとりあえずブッコミをチェックしてみるのが良いでしょう。大抵はトップページに載っています。

また、話題作だけでなく「同じ作者のマンガ」などの関連作品も同時に無料になったり安くなったりするので、合わせてチェックするのをオススメします。

ジャンル検索がしやすい

ブッコミは他のサイトに比べてジャンル設定がかなり詳細です。

  • 「少年マンガ」
  • 「少女マンガ」
  • 「青年マンガ」
  • 「女性マンガ」
  • 「TL」
  • 「BL」
  • 「アダルト」

くらいはどこのサイトでも設定されているのですが、サブジャンルがここまで詳細に設定されているサイトは少ないです。

このため「絞り込み検索」がかなり使いやすく、ジャンルから目当ての本を探すのに役立ちます。

作品・作者単位でお気に入り登録できて新刊通知もしてくれる

「お気に入りに登録」機能を持っているサイトは多いのですが、それを「作者単位」でも出来るのは珍しい機能です。

また、お気に入りに登録した作者(作品)の新刊や続刊が出た時に自動でメール配信してくれるのも嬉しいです。

コミック系はサイトによって配信日が違うことも多いので、複数のサイトを使っている場合は全部をいちいちチェックするのは面倒ですしね。

なおメールが不要であれば停止することもできます。

来店ポイントがもらえる

クリック(タップ)するだけでもらえる来店ポイントがあります。

1日1ポイントと少ないですが、5秒くらいしかかからないので、とりあえずクリックしておけばいつの間にか1話を読めるくらい貯まっていることもあります。

 

ブッコミのデメリットを本音で語る

ここまでは良い点を見てきましたが、ここからはデメリットについても本音で書いていきたいと思います。

勘違いしないで頂きたいのが、

「デメリットがある=ダメなサイト」ではない

ということです。

どんな商品やサービスにも弱点があるのは当然で、多くのものは弱点を強みで補っているから成立しています。

もちろん、メリットで補えないほどデメリットの大きなサイトがあるのも事実ですが、少なくともブッコミはそういった「多くの人におすすめできないサイト」ではありません。

ここまでメリット部分を読んでくれた方には、ぜひ以下のデメリット部分も目を通してもらって、判断してほしいと思います。

重要 携帯電話会社IDでログインすると退会時にポイントが消える(※回避可能)

ブッコミはログインする際に

  • メールアドレスでログインする方法
  • 携帯電話会社IDを使ってログインする方法

の2パターンがあります。

この内、携帯電話会社IDでのログインはいくつかのデメリットがあり、

  1. 月額コースのボーナスがメールアドレスでログインするより少ない
  2. 退会(月額コースをすべて解約)するときに現在のポイントが消えてしまう

という仕様があります。

ほとんどのサイトでは「1」の「携帯電話会社IDログインはボーナスが少なくなる」のは仕様としてあるので仕方がないかと思います。

ですが「2」の、月額コースをすべて止めるとポイントが消えてしまうのはちょっと問題です。

月額コースは、メリットの部分で解説したようにボーナスを多くもらえるのが魅力なのですが、上記のポイント消失の仕様があるため好きなときに止めづらくなっています。

ただ、現在は「パスワード登録」を行うことでこの仕様を回避することができます。以下の記事で解説していますので参考にして下さい。

重要 退会するとポイントが使えなくなる(購入できなくなる)

もうひとつ退会時のデメリットですが、上記の手順でポイント消失を回避したとしても「月額コースに登録している状態でないと、持っているポイントを使えない」仕様があります。

上の画像だと130ポイント残っているものの、月額コースに入っていないためマンガを買うことができません。

またブッコミはコミックシーモアなどと違って、「ポイント不足分を通常決済で購入」することもできません。

たとえば買いたい本が400ポイントで100ポイントしか残っていないとします。この時、ブッコミでは「300円をクレジットカードなどで払い、残った100ポイントも同時に使う」ことができません。

これらの仕様からポイントを使い切るのが難しいためポイントが余りやすく、一方で「欲しいけどちょっとポイントが足りない」作品は買いづらいため、帯に短したすきに長し、という状態になりやすくなってしまっています。

端末への保存は一切不可

ブッコミは「ストリーミング方式」で作品を配信しています。

+ ストリーミング方式とは?(クリックで開きます)

作品をPCやスマートフォンに保存して読むのではなく、ウェブサイトにアクセスして通信を行い読む方式のことです。

メリットとしては

  • ダウンロード時間がかからない
  • 保存しないので容量を食わない

デメリットとしては

  • ネット通信ができる環境でないと読めない
  • 回線の環境が悪いと読んでいるときに読み込みが発生する

があります。

 

ストリーミング方式自体は悪くないのですが、問題なのはストリーミング方式しか選べないことです。

たとえばeBookJapanやコミックシーモアでは「ストリーミング方式」と「アプリに保存して読む方式」を選ぶことができます。

2つを選ぶことができれば

  • 手軽に読みたい時→ストリーミング
  • じっくり読みたい・保存して後で読みたい→アプリに保存

など、用途によって使い方を変えることが出来ます。

ですがブッコミはストリーミングしか選べないため、使い方の幅が狭まってしまいます。

ブックビューアの機能は最低限

ブックビューアはブラウザから読むタイプです。アプリはありません。

他の多くのサイトでもそうなのですが、

  • ブラウザから読むタイプ→機能は少ない
  • 保存してアプリで読むタイプ→多機能

という傾向があります。

ブッコミの場合はブラウザから読むことしかできないので、必然的に機能が少ないビューアを使うことになります。

しおりの数も2つのみ、他には自動再生機能があるくらいなので、まさに最低限の機能のみと言えます。

読者レビュー機能が無い

他のサイトではよくある「読者レビュー」の機能がありません。

「この本読んでみたいんだけど本当に面白いのか不安だな~」という時にはすでに読んだ人の感想が参考になるのですが、ブッコミはこのレビュー機能が残念ながら備わっていません。

特に話数(巻数)が長い作品は、完結まで読むのに時間もポイントも使ってしまうので、最初から「地雷作品」「まったく面白くない作品」を避けるためにレビューを読むのは大事だと思っています。

ライトノベル・小説などは取り扱っていない

これはサイトの方向性なのかもしれませんが、小説・単行本などは一切取り扱っていません。

基本的にマンガを読む層の中で一定数は「ラノベ好き」も多いのですが、こちらも一切取り扱いナシです。

 

ブッコミを使ってみたレビューのまとめ

ブッコミを無理やり一行でまとめると、

「アプリもなくビューア機能は最低限で、ポイントがやや使いにくい仕様なのが欠点な一方、アダルト系・BL・一般コミックの在庫が多く、ボーナスポイントの多さも魅力」

と言えます。

サイトの仕様上、月額コースに入っていないと(毎月最低324円の課金をしないと)マンガが買えなくなっているので、この点が問題ないのであれば大丈夫だと思います。

デメリットの方で書いたサイトの仕様やビューア機能面の少なさに目をつぶれるのであれば、多くのジャンルで取り扱い数は上位ですし、ボーナスポイントの面でもお得度が大きいサイトです。

管理人自身も使っていて大きなメリットを感じたのが、

  • ポイントが明らかに他のサイトより多い(特に低額コース)
  • 他のサイトになくてもブッコミにはある作品もチラホラ

という点でした。

トータルで見ても優秀なサイトのひとつなので、メリットのところで書いた日替わり無料連載や、無料コミックから一度使ってみるのをおすすめします!

 

関連記事:BookLive!コミックの安全性とユーザー口コミ
(安全面を徹底的に検証し、実際の利用者の口コミなどをまとめています)

 

使ってみて分かった、本当に優良なサイト

eBookJapan:マンガを読む方にもっともおすすめ

会員数160万人以上、ヤフーの子会社が運営するサイトです。

とにかくマンガの充実度とキャンペーンが凄まじく、マンガ中心の方なら一番おすすめ。

2016年のインプレス総合研究所で行われた満足度調査では、全サイト中で1位にもなりました。

AmazonKindleストア:小説や実用書ならココ!

日本でのシェア1位のKindle。

ビジネス書や専門書、小説など「活字」の書籍ならKindleがベストでしょう。

アプリも全文検索やハイライトなど機能が非常に優れています。

FANZA(DMM)電子書籍:オトナ向け作品にめっぽう強い

男性ならご存じFANZA(旧DMMアダルト)が運営するストア。

オトナ向けのジャンルが非常に充実しているのが特徴。他のストアでは取り扱いが少ない同人誌も扱っています。

また大型連休には人気作品が半額で買えるセールを行っているのも魅力。

Copyright© 俺の電子書籍 , 2019 All Rights Reserved.