電子書籍サイトを全部使って比較レビューしています。マンガ・雑誌・書籍向けおすすめストアを紹介

俺の電子書籍

FANZA(DMM)電子書籍の評判と比較|本音のメリット・デメリットと安全性

更新日:

オトナ向けの動画サービスが有名なDMM。2018年8月にアダルトコーナーは「FANZA」と改名されました。

アダルトの印象が強いので利用をためらう方や、「他の書店とどこが違うの?」と疑問を持つ方も多いと思います。

この記事では、FANZA電子書籍を使って感じたメリットとデメリットを両方、本音で書いています。また、管理人は他の電子書店も並行して使っているため、他との比較も行っています。

利用を検討されている方の参考になれば幸いです。

※DMMは一般向けコーナーが「DMM電子書籍」、アダルトコーナーが「FANZA電子書籍」という名前ですが、この記事では「FANZA電子書籍」で統一します。

目次

FANZA電子書籍はこんな人にオススメ

オススメできる人

  • 主にアダルトコミック・アダルト雑誌を読みたい方
  • セールの多さなど、料金面を重視される方
  • 同人コミックも読みたい方
  • 動画も合わせて楽しみたい方

 

逆にこんな人は使わないほうがいいと思う

オススメしない人

  • 小説や実用書など、活字の本をメインに読みたい方
  • 官能小説を沢山読みたい方

 

FANZA電子書籍を使って分かったメリット

特にスゴイアダルトコミック・雑誌・写真集が最高クラスに充実

FANZA電子書籍で一番の強み。

「アダルトコミック」「アダルト雑誌」「写真集」の取り扱い数が他と比べて明らかに多いです。

以下は、国内でも最大手のeBookJapan、BookLive!と比べた表です。

ジャンルFANZA電子書籍(参考)
eBookJapan
(参考)
BookLive!
アダルトコミック52,805冊19,680冊15,458冊
アダルトコミック誌4,676冊
61冊66冊
同人コミック43,962冊
なしなし
アダルト写真集18,418冊
18,079冊16,475冊
BLコミック15,598冊
14,514冊15,063冊

少年コミックや少女コミックなどに関しては、他のストアのほうが取り扱いが豊富なのですが、ことアダルトに関してはFANZAが最強です。

(もともと、FANZAはDMM時代の20年前からアダルト動画の配信事業をスタートしており、アダルトに非常に強いという背景もあります)

+ 上記の表についての補足

・コミックは「単行本」「単話」を合算した数です。3ストアとも同じ作品で単行本と単話に分かれているタイトルが複数存在しているため、重複した数字になっていますが、条件は同じです

・本当はAmazonのKindleストアと比較したかったのですが、Kindleストアは正確な数字が表示されないことと、複数巻を別作品だとカウントしているため比較対象から外しました。ただ、アダルトコミックに関してはFANZAの方が間違いなく多いです

・この記事にある表はすべて、2018年10月8日に計測した数値を元にしています

すぐに半額クーポンがもらえる

登録直後に、1冊半額になるクーポンがもらえます。

こういうクーポンは「特定の本だけ対象」のことも多いのですが、FANZA電子書籍の場合はすべての作品に使えるので一番欲しい本に使ってしまいましょう。

GWや年末年始には毎年大幅セール

大型連休に、FANZAでは恒例となる大セールが毎年行われています。非常に狙い目です。

こういったセールでは、どこのストアでも割引されるタイトルは旧作が多いのですが、FANZAの大型連休セールは新作や人気作品、他ではまず値引きされないようなタイトルも安くなっています。

ゴールデンウィークやお盆、年末年始には今まで定期的に開催されており、おそらくこれからも開催されると思われます。

「二日間読める」で安く買える

「二日間読める」は、レンタルとほぼ一緒の機能で「読める期限がある代わりに、安く買える」というもの。

値引率も高く、半額以下で買えることが多いです。

対象となる作品は一部のみですが、「あとで読み返すことは無いかな~」という本ならこちらの方が安いのでオススメです。

FANZAでしか読めない独占作品がある

アダルトコミックはFANZA独占販売が1,300冊以上あります。

特定の作家さんや作品はFANZAでしか読めない場合もあるので、目当ての本が他のストアに置いてなかったらFANZAで探してみると見つかるかもしれません。

同人作品も扱っている(「FANZA同人」)

FANZAでは同人誌も取り扱っています。(同じサイト内にある「FANZA同人」ショップで)

コミックだけで40,000点以上の作品があり、同人誌を電子で読めるショップとしては最大級。

ちなみに同人誌を扱う電子書店は日本でも少なく、AmazonKindleストアや楽天kobo、eBookJapanなどの最大手でもほぼ扱っていません。

また、同人誌も電子書籍と同じく独占販売作品が多数あります。

まとめランキングが多く人気作が分かりやすい

通常の人気ランキングに加え、年間・半期の人気ベストランキングなどもあります。

面白い作品を探しやすいので、こういった「まとめランキング」が多いのはありがたいですね。

クレジットカード払いだと1%ポイント還元

クレジットカード払いだと、支払った金額の1%が還元されます。長く使い続けたら自然と結構貯まっていることも。

このポイントは共通ポイントなので、たとえば動画やレンタルなど他のコーナーでも利用できます

性能の高いブラウザビューア

アプリにダウンロードせず、SafariやGoogleChromeなどのブラウザから直接読めるビューアを「ブラウザビューア」と言います。

FANZAのブラウザビューアは他と比べて非常に機能が豊富。

ブラウザビューアは「読むだけ」の最低限の機能になっている場合が多いのですが、FANZAはページジャンプ、しおり、読み方の選択など比較的多くの機能を搭載しています。

 

FANZA電子書籍の本音デメリット

最初の半額クーポンの有効期限が1時間

メリットで書いた「初回は50%OFFクーポンが全員もらえる」ですが、1時間の有効期限があります

1時間以内に決めればよい話なのですが、他ストアではここまで時間制限のキツいクーポンもあまり見かけないので、ちょっと焦ってしまうかもしれません。

ゆっくり決めたい場合は、新規登録の前に買う本を一冊選んでおくと良いでしょう。

小説や実用書など活字の書籍はやや少なめ

アダルトコミックやアダルト雑誌が充実している一方で、小説やビジネス書、実用書などの書籍は取り扱いが少なめです。

一般向け書籍も充実していないことはないのですが、一般向け書籍はわざわざFANZAのストアで買うまでもないかな…というのが本音です。(ビューアもマーカー機能などが使いにくいので)

官能小説もあまり充実していない

メリットで「アダルト系が充実」と書きましたが、官能小説や美少女ノベルだけはなぜか取り扱いが少ないです。

ジャンルFANZA電子書籍(参考)
eBookJapan
(参考)
BookLive!
官能小説・美少女ノベル3,890冊9,566冊10,612冊

FANZAではあまり活字書籍が読まれない傾向があるのかもしれません。

一般書籍コーナーは、他の書店と売れているものがかなり異なる

たとえばビジネス・実用書ランキングの上位は「フェチ系の画集」が多いです。

また文芸・ラノベを合算したランキングでも上位はほぼラノベ。

要するに、一部のジャンルに売れ筋が偏っています。

もちろん、これが悪いわけではありません。ですが「世間一般で売れているもの」をチェックしたいのであれば、他のストアを参考にした方が良いでしょう。

他人に使っていることを言いづらい

これは世間的なイメージの問題です。

知名度が上がるにつれ、「FANZA(DMM)はアダルトサイト」だという認識を持っている人が増えているので、他人に「オススメの電子書店」と言いづらい面はあるかと思います。

 

FANZA電子書籍の安全性について

そもそもこのサイト安全なの?

「詐欺サイトか?」という質問であれば、詐欺サイトではないです。

管理人も数年間利用してきて、架空請求や高額な料金の請求などに遭ったことはありません。

ただし、FANZAが有名になるにつれ、FANZAを騙った架空請求が増えていることは覚えておいて良いと思います。

FANZAとはまったく関係のない組織が、手当たり次第に送ってくるスパムメールやスパムSMSでの被害はあるようなので、使った覚えがないものは決して払わないようにしましょう。(参考:https://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1047160.html

また基本的にFANZA電子書籍はすべて前払いでしか購入できないので、後で勝手に料金が発生することはないはずです。

親や他人に買った本がバレてしまわない?

クレジットカードの明細には「DMM.com」などサイト名だけが記載されます。

たまに誤解されている方がいますが、買った本のタイトルが記載されることは決してないです。

また、クレジットカード明細にも買った本が残ることはありませんが、「FANZAで買った」こと自体を知られたくない方向けに、BitCash・楽天Edy・WebMoneyなどの電子マネー決済も用意されています。→支払い方法一覧

クレジットカードやキャリア決済だとサイト名だけはどうしても明細に残ってしまうので、FANZAの利用形跡を一切残したくない場合はクレジット以外を使うと良いでしょう。

 

FANZA電子書籍の基本情報

支払い方法

以下の2つは直接、商品の代金を支払えます。

  • クレジットカード(VISA・MASTER・JCB・AMEX・Diners・Vプリカ)←1%ポイント還元
  • PayPal

以下の支払い方法はポイントをチャージすることができます。チャージしたポイントは支払いに使えます。

  • Paidy
  • BitCash
  • 銀行振込
  • コンビニ店頭支払い
  • 楽天ペイ
  • 楽天Edy
  • Suica / モバイルSuica
  • WebMoney
  • ドコモspモード決済
  • auかんたん決済/au WALLET
  • ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い

対応端末

  • PC(Windows / Mac)
  • iOS(iPhone / iPad / iPad mini / iPod touch)
  • Android(スマートフォン / タブレット)

端末は1つのアカウントで合計5台まで登録できます。それ以上はどれかの端末を登録解除する必要があります。

ジャンルごとの取り扱い冊数(2018年10月8日時点)

比較用の参考として、大手ストアのeBookJapanBookLive!も載せています。FANZAがアダルト系にどれだけ強いかが分かると思います。

ジャンルFANZA(DMM)電子書籍(参考)
eBookJapan
(参考)
BookLive!
少年コミック7,580冊7,847冊7,509冊
少女コミック10,737冊14,745冊10,949冊
青年コミック16,316冊16,842冊16,459冊
女性コミック13,335冊13,965冊20,227冊
BLコミック15,598冊14,514冊15,063冊
TLコミック10,353冊9,370冊10,790冊
実用書・一般書籍84,785冊95,154冊92,870冊
小説・ラノベ52,675冊59,554冊49,360冊
官能小説・美少女ノベル3,890冊9,566冊10,612冊
アダルトコミック52,805冊19,680冊15,458冊
アダルトコミック誌4,676冊61冊66冊
同人コミック43,962冊なしなし
アダルト写真集18,418冊18,079冊16,475冊

※少年コミック~小説・ラノベは一般コーナーの「DMM電子書籍」の冊数を、アダルトコミック~アダルト写真集はR18の「FANZA電子書籍」の冊数をカウントしています

 

FANZA電子書籍の評価まとめ

料金・キャンペーン(5点)

ほぼ常時セールが行われており、年末年始やGW、お盆には大規模なセールがあります。

また一部の本はレンタルと似た機能の「二日間読める」で非常に安く買えるので、料金的には文句ない印象です。

品ぞろえ(4.5点)

アダルト作品の多さはさすがの一言。電子書店としては珍しく同人誌も40,000作品以上の取り扱いがあります。

エロ系電子書店としては日本最強ではないでしょうか。

一方で小説やビジネス書など活字系にはあまり期待しないほうが良いでしょう。活字中心で読むならAmazonKindleなどをオススメします。

使いやすさ(4.5点)

ランキングや特集がいろいろな切り口で作られていて、何となくサイトを見ていても楽しめるのはプラスポイント。

ビューアや本棚アプリに関しても、必要な機能はそろっていて不便を感じた点はとくにありませんでした。

安全性(4.5点)

20年以上運営されているサイトであり、FANZA自体は安全面でとくに問題ありません。今までに個人情報の流出などの報道もないです。

ただ、「アダルトサイトを使ったことを他人にバレたくない心理」を使った、「FANZAを装った架空請求」は存在しているので、その点にだけは注意が必要です。

総合評価(4.5点)

アダルト系を主に読むならもっともオススメできる電子書店です。

FANZAを超える規模のアダルト系を扱っているサイトは、管理人が試した限りでは、ありません。

ジャンル的に人を選ぶサイトなのは確かですが、アダルトメインなら間違いなく使って損はないと思います。

 

使ってみて分かった、本当に優良なサイト

eBookJapan:マンガを読む方にもっともおすすめ

会員数160万人以上、ヤフーの子会社が運営するサイトです。

とにかくマンガの充実度とキャンペーンが凄まじく、マンガ中心の方なら一番おすすめ。

2016年のインプレス総合研究所で行われた満足度調査では、全サイト中で1位にもなりました。

AmazonKindleストア:小説や実用書ならココ!

日本でのシェア1位のKindle。

ビジネス書や専門書、小説など「活字」の書籍ならKindleがベストでしょう。

アプリも全文検索やハイライトなど機能が非常に優れています。

FANZA(DMM)電子書籍:オトナ向け作品にめっぽう強い

男性ならご存じFANZA(旧DMMアダルト)が運営するストア。

オトナ向けのジャンルが非常に充実しているのが特徴。他のストアでは取り扱いが少ない同人誌も扱っています。

また大型連休には人気作品が半額で買えるセールを行っているのも魅力。

Copyright© 俺の電子書籍 , 2019 All Rights Reserved.