電子書籍サイトを全部使って比較レビューしています。マンガ・雑誌・書籍向けおすすめストアを紹介

俺の電子書籍

電子書店コミスト利用はちょっと待て!評判と6つの本音デメリット&退会方法

電子書店コミストは2016年にスタートした、比較的新しい電子書籍ストア。

口コミや使った人の感想もほとんど見当たらないため、

「このサイト使って大丈夫?」
「実際のところ良いの悪いのか、どっち?」

と思う方も多いでしょう。

そこでこの記事では、管理人の私がコミストを使って感じた「メリット・デメリット」を正直に書いてみました。

また私は電子書籍ストアを20以上使った経験がありますので、他ストアとの比較も行っています!

コミストの公式サイトへ

はじめに結論。

コミストの特徴とデメリット

  • 月額コースのボーナスが多め
  • まとめ買いで10%ポイント還元
  • アプリ不要で気軽に読める
  • コースを解約するとポイントがすべて消える上、購入した本がすべて読めなくなる
  • 小説やビジネス書など活字の本は取り扱いなし
  • どのジャンルもやや品ぞろえ不足
  • 保存・ダウンロード不可
  • レビュー機能がない
  • ポイントの有効期限が短い

使ってみて感じたのですが、単刀直入にいうと、「使いにくさ」「注意しなければいけない点」が目立つストアでした。

下で詳しく説明していますが、とくに注意が必要なのは「月額コースの仕様」です。

コミストは「月額のコースに登録してポイントをもらって、そのポイントで本を買う」タイプのストアなのですが、この月額コースを解約(毎月の料金の支払いがない状態)してしまうとすべてのポイントと購入した本の履歴が消えてしまうのです。

たとえ何十万円分の電子書籍を買っていたとしても容赦なく消えます。

他のまともな電子書籍ストアでは、月額コースに入っているとかに関わらず、そもそも「買った本のデータが消える」などということはありません。

ですので、結論を言ってしまうとコミストは、長く使うストアとしてはおすすめできません

長い間使っていける優れたストアは以下の記事にもまとめていますので、よければ参考にしてみてください。

電子コミックサイトを24コ全部試しておすすめ比較!漫画ストアまとめ一覧【保存版】

すぐにオススメサイトを見たい方はこちら   「電子コミックのサイト、多すぎてどこが良いのか ...

続きを見る

一応、コミストに向いている人を挙げておくと、

  • 「一度読んだ本はもう読み返さない(読み捨て)」
  • 「ほぼマンガしか読まない」

方です。

この2つに当てはまるのであれば、使ってみても良いかもしれません。

 

コミストの本音デメリット

他サイトと比べて不満に感じた点のほうが多かったので、デメリットから解説します。

解約するとポイント全消失+今まで買った本がすべて閲覧不可

先ほども書きましたが、コミストで最大にして最凶のデメリットです。

下の画像は解約ページの画面ですが、注意書きにも書かれているように、月額のポイントコースを解約すると、

  • 今持っているポイント全部が消失
  • 今まで買った本のデータが全部消失

します。

もし、ポイントや購入した本を残して解約したい場合、「他の月額コースを登録してから」解約しなくてはいけません。

つまり「本のデータを残しておきたいなら、月額コースの料金を払い続けなくてはいけない」という仕様になっているのです。

念のため言っておくと、コミストのようにユーザーにとってデメリットでしかない仕様にしているストアはほぼありません。大抵の電子書店では、「一度買った本はずっと読める」ことがほとんどです。

あまり悪く言い過ぎるのも良くないかもしれませんが、ハッキリ言うとこの仕様の時点でおすすめできません。

小説・ラノベやビジネス書などはほぼ取り扱い無し

コミストで取り扱っているのは基本的にマンガのみです。

小説やラノベ、ビジネス書といった「活字の本」は取り扱いがありません。

(一応、「その他」ジャンルに150冊程度のビジネス書などがありますが、活字の本は一般的な電子書店では数十万冊ほど品ぞろえがあることを考えると、実質ほぼ無しと考えて良いと思います)

どのジャンルもやや品ぞろえ不足

上でほぼマンガしか取り扱いがないと書きましたが、そのマンガも他ストアと比べると品ぞろえが少ないです。

下は大手電子書籍ストアの「eBookJapan」「FANZA(DMM)電子書籍」と比較したジャンル別の取り扱い数です。(2019年3月24日時点のデータ)

ジャンル コミスト eBookJapan FANZA
コミック総合 95,361件 123,970件 153,739件
少年コミック 3,217件 8,369件 8,180件
青年コミック 10,363件 17,876件 17,612件
少女コミック 7,811件 15,428件 11,268件
女性コミック 8,409件 20,474件 14,745件
ティーンズラブ 13,481件 14,704件 15,980件
ボーイズラブ 14,048件 25,516件 24,613件
成人コミック 24,861件 21,603件 61,341件

ティーンズラブ(TL)やアダルト成人コミックはそこそこ多いのですが、最大手のeBookJapanや、アダルトに強いFANZAに比べるとやはり劣ってしまいます。

とくに「少年・青年コミック」「少女・女性コミック」などの一般コミックはかなり品ぞろえが少ないので、これらをよく読む方は注意しましょう。

パソコンやスマホに保存できない

パソコン・スマートフォン・タブレットともに購入した本を保存することはできません。

と、いうよりもコミストにはアプリが存在しないため、Webブラウザで読む「ストリーミング形式(ダウンロードせず読む形式)」しかありません。

先ほどの「解約すると買った本がすべて消える」と合わせて、本をコレクションしておきたい方は注意が必要です。

レビュー機能がない

他のユーザーの感想や「」などの星レビュー機能がありません。

今はほとんどの電子書店で使える機能なので、レビューがないのは単純に残念な点です。

ポイントの有効期限が短い

月額コース登録などでもらえるポイントは「付与月から3ヶ月後の末日」で失効してしまいます。

たとえば1月15日に月額コースに登録すると、4月30日にポイントが消えます。

他の月額コース制のサイトは、平均して「付与から6ヶ月間」はポイントが使えるのですが、コミストの場合は平均より3ヶ月も短いので早めにポイントを使ってしまわなければいけません。

コミストのココがイマイチ

  • 解約するとポイントと購入した本がすべて消える
  • 小説など活字の本は取り扱いなし
  • どのジャンルも品ぞろえが少ない
  • 本の保存不可
  • レビュー機能がない
  • ポイントの有効期限が3ヶ月と短い

 

コミストを使って感じたメリット

デメリットをたくさん挙げてしまいましたが、メリットの方も紹介します。

月額コースのボーナスポイントが比較的多い

コミストで本を買うには必ず月額コースに入る必要があります。

330円のコース以外、ボーナスポイントがもらえるのですが、このボーナスが他ストアと比べると割と多めです。

月額コース料金(クレジットカード決済の場合)

月額料金
(税込)
初回ポイント
(+ボーナス)
継続ポイント
(+ボーナス)
330円 300pt
+0pt
300pt
+0pt
550円 500pt
+50pt
500pt
+25pt
1,100円 1000pt
+200pt
1000pt
+100pt
1,650円 1500pt
+330pt
1500pt
+180pt
2,200円 2000pt
+500pt
2000pt
+300pt
3,300円 3000pt
+760pt
3000pt
+450pt
4,400円 4000pt
+1020pt
4000pt
+600pt
5,500円 5000pt
+1300pt
5000pt
+700pt
11,000円 10000pt
+2650pt
10000pt
+1900pt
22,000円 20000pt
+5350pt
20000pt
+3900pt
33,000円 30000pt
+8100pt
30000pt
+5900pt
44,000円 40000pt
+10800pt
40000pt
+7600pt
55,000円 50000pt
+13500pt
50000pt
+9500pt

ちなみに私が10以上の月額コース制のストアを使ってみた中で、もっともボーナスポイントが多かったのが「BookLive!コミック」というサイトなのですが、コースによってはコミストの方が勝っている場合もあります。

コミストの強みのひとつです。

まとめ買いすると10%ポイント還元

5巻以上の作品をまとめ買いすると、どの作品でも10%ポイント還元されます。

たとえば5巻で2,000ptであれば「2,000ptの10%=200pt」が戻ってくることになります。

「どの作品でも還元」という部分がミソ。

他ストアでは「特定の作品だけ、まとめ買いでお得」ということが多いのですが、コミストの場合は作品問わず5巻以上であれば還元されます。

アプリ不要で気軽に読める

これは好みが分かれると思いますが、コミストは電子書店としては珍しくアプリが存在しません。

すべてWebブラウザ上で読む形式になります。

デメリットで書いたように、アプリがないため「保存ができない」という欠点もありますが、逆に「保存しなくていい」「アプリを開くのが面倒」という方であれば気軽に読めるコミストが向いているかもしれません。

月額コースが高額コースも用意されている

月額コース制のサイトとしては珍しい、40,000円、50,000円台の高額コースがあります。

ボーナスポイントも多いため、大量にポイントを貯めて、まとめて一気に本を買いたい人にとっては便利かもしれません。

ただしデメリットの部分にも書きましたが有効期限が「3ヶ月後の末日まで」と短いので、「使わずにポイント失効」にはくれぐれも注意。

コミストのココがオススメ

  • 月額コースのボーナスポイントがそこそこ多い
  • まとめ買いで10%ポイント還元
  • アプリが不要でサクサク読める
  • 50,000円などの珍しい高額コースがある

 

会員登録について

無料会員登録方法

コミストは最初に無料の会員登録を行う必要があります。

会員登録は3パターンあるのですが、登録方法によって「支払い方法」が変わってきます。→詳しくはこちら

以下はクレジットカード決済が使える「コミストID」で登録する方法です↓

コミスト無料登録方法(コミストIDの場合)

  1. 会員登録ボタン→キャリアID・コミストID・楽天IDのいずれかを選ぶ
  2. (ここではコミストIDを選択)→メールアドレスを入力して送信
  3. 返信メール内にある「アカウント登録へ進む」をタップ
  4. ログインID・パスワードを入力して「次へ」を押すと、無料会員登録完了

月額コースへの登録

コミストでマンガを買うには、月額コースに登録してポイントをもらう必要があります。(もらったポイントを使って購入するため)

登録方法は以下の通り↓

月額コース登録方法

  1. 無料会員登録完了ページから「月額コース登録」ボタンをタップ(または上部メニューの「ポイント追加」を押す)
  2. 希望するコースの「購入」ボタンをタップ
  3. 決済画面に移動するので、クレジットカード・キャリア決済・楽天ペイにて決済

 

解約について

解約の注意点

コミストの月額コースは自動継続のため、解約は自分で行う必要があります。

ここまで何度も書いてきましたが、解約すると、

  • 保有しているポイントがすべて消失
  • 今までに買った本もすべて読めなくなる

という大きなデメリットがありますので、解約は慎重に行うようにして下さい。

解約方法(画像つき解説)

最初に、コミストの上部メニューにある「マイページ」をタップして下さい。

「マイページ」内の「ポイントコース変更」と書かれた部分をタップします。

現在の保有ポイント数と、解約時の注意が表示されます。

一番下の方までスクロールして下さい。

「ポイントコース(コミストID)解約」と書かれたボタンをタップします。(登録方法によっては、「コミストID」の部分が他の表記になっている場合もあります)

現在、登録しているコースに「解約する」ボタンが出ていますので、解約するコースのボタンを押します。

確認画面が表示されますので、間違いなければ「解約」を押して下さい。

これでコミストの解約は完了です。

 

コミストの詳細

支払い方法

  • クレジットカード
  • ドコモ払い
  • ソフトバンクまとめて支払い
  • auかんたん決済
  • 楽天ペイ

コミストは3パターンの無料会員登録方法があります。どの方法で登録したかによって支払い方法が決まります。

コミストの無料会員登録と支払い方法

  • コミストIDで登録→クレジットカード決済
  • 携帯キャリアIDで登録→ドコモ or ソフトバンク or auのキャリア決済
  • 楽天会員IDで登録→楽天ペイ

対応端末

  • パソコン(Win / Mac)
  • スマートフォン(iPhone / Android)
  • タブレット(iPad / iPod touch / Android)

※パソコンからは「話で読む」での閲覧ができないので注意

 

管理人のコミスト評価

料金・キャンペーン(3.5点)

月額コースのボーナスポイントが多い点や、どのコミックも5巻以上のまとめ買いでポイント還元されるのは良い点。

ただしクーポンや割引キャンペーンなどは少ないです。

品ぞろえ(3点)

マンガのみ取り扱うストアなのですが、少年コミック・少女コミックなどの一般向けマンガは品ぞろえが少ないです。

TL・BL・アダルト系はまあまあの取り扱い数。

使い勝手(1.5点)

「コースをすべて解約するとポイント&購入履歴が消失」
「ポイントの有効期限が短い」
「保存できない」
「レビュー機能がない」

などマイナス面が多く、使い勝手に関しては良いとは言えません。

独自性(2.5点)

他のストアと比べて「コレ!」という特徴は少ないです。

総合評価(2.5点)

とにかく月額コースを解約するとポイントと買った本のデータが消えるというデメリットが大きすぎて、なかなか勧めづらいサイトです。

どの作品でもまとめ買いで10%OFFされたり、高額コースがそろっていたりと料金面では悪くないのですが、、

「まとめてお得に買っても本のデータが消える」という今の仕様では、ちょっと相性が悪すぎますね。

だいぶ本音で書いたので辛口なレビューになってしまいましたが、上記の問題点が解消されればまた評価も変わると思います。

コミストの公式サイトへ

 

他の電子コミックサイトとの比較

BookLive!コミック(ブッコミ)

コミストと同じ「月額コース制」で、アプリが存在せずWebブラウザからのみ読めるストア。

ただしコミストとは違って「解約しても購入した本のデータは残る」「ポイントもそのまま残る(キャリアIDログイン以外)」「品ぞろえが全体的に多い」というメリットがあるので、使い勝手は良いです。

BookLive!コミック(旧ハンディコミック)のメリット・デメリット【辛口レビュー】

日本で初めてガラケー向けにマンガ配信を始めたBookLive!コミック。 当時は「Handyコミック ...

続きを見る

電子コミックサイト総合比較

20以上の電子コミックサイトを試した管理人が、機能・品ぞろえ・料金・キャンペーンなどを比較しておすすめサイトを紹介しています。

電子コミックサイトを24コ全部試しておすすめ比較!漫画ストアまとめ一覧【保存版】

すぐにオススメサイトを見たい方はこちら   「電子コミックのサイト、多すぎてどこが良いのか ...

続きを見る

 

使ってみて分かった、本当に優良なサイト

eBookJapan:マンガを読む方にもっともおすすめ

会員数160万人以上、ヤフーの子会社が運営するサイトです。

とにかくマンガの充実度とキャンペーンが凄まじく、マンガ中心の方なら一番おすすめ。

2016年のインプレス総合研究所で行われた満足度調査では、全サイト中で1位にもなりました。

AmazonKindleストア:小説や実用書ならココ!

日本でのシェア1位のKindle。

ビジネス書や専門書、小説など「活字」の書籍ならKindleがベストでしょう。

アプリも全文検索やハイライトなど機能が非常に優れています。

FANZA(DMM)電子書籍:オトナ向け作品にめっぽう強い

男性ならご存じFANZA(旧DMMアダルト)が運営するストア。

オトナ向けのジャンルが非常に充実しているのが特徴。他のストアでは取り扱いが少ない同人誌も扱っています。

また大型連休には人気作品が半額で買えるセールを行っているのも魅力。

Copyright© 俺の電子書籍 , 2019 All Rights Reserved.