電子書籍サイトを全部使って比較レビューしています。マンガ・雑誌・書籍向けおすすめストアを紹介

俺の電子書籍

【図解】BookLive!コミック(旧ハンディコミック)の退会方法と注意点

更新日:

BookLive!コミック(以下、「ブッコミ」)の退会方法を解説します。ここでの「退会」とは「月額コース」を止めることです。

ブッコミのアカウントを完全に削除する場合はこちらを参照してください(タップ)

ブッコミは特定の条件で月額コースを退会すると大きなデメリットがあるので注意してください。以下で説明しています。

 

(※2018年3月に「ハンディコミック」は改称され「BookLive!コミック」になりました)

ブッコミの退会前に確認すべきこと

ポイント関係は要注意

ブッコミでの退会で注意するのは

  • 携帯電話IDでログインしている場合、パスワード登録していないとポイントが消える
  • 上記以外の場合、ポイントは残るが再入会しないと使えない(マンガ購入不可)

の2点です。

パスワード登録を行っていない場合、「MYページ」の「ユーザー設定」に「ログインID」が表示されていないはずです。

退会してもポイントを消したくない場合は、MYページからパスワード登録を行ってください。

また、再入会しないとどのみちポイントは使えずマンガは買えないので、再度使うつもりがない場合はポイントを使い切った方がお得です。

 

買ったマンガについては安心してOK

退会しても、今までに購入したマンガは履歴も残り、自由に読めます。

なお購入したマンガは「MYブックケース」から確認できます。

 

ブッコミの月額コース退会方法を解説

まず、ブッコミのトップページに移動します。

 

一番下の「ユーザーメニュー」にある「月額コースの解除」をタップしてください。

現在のコース契約状況が表示されます。

少し小さい文字なのですが、退会するコース名の右側にある「解除」と書かれた青字をタップしてください。

解約の注意点が表示されます。

一番下までスクロールすると「解除する」と書かれたボタンがあるのでタップします。

最終確認の画面になります。

本当に退会してもよければ「解除する」ボタンを押します。

これで月額コースの退会は完了です。

なお、アンケートが表示されますが、すでに退会は終わっており、入力必須ではありません。

 

ブッコミの退会に関してよくある疑問

ブッコミを「完全に」退会するには?

先ほど解説したのはブッコミの「月額コース退会」でした。

もし、ブッコミのアカウントを消して完全に退会する場合は「月額コースをすべて退会」したあとで、以下の手順を踏んでください。

「MYページ」にある「BookLive!コミックの退会」を選択した後に、(下図参照)

「BookLive!コミックを退会する」→規約を読み同意後、「BookLive!コミック」を退会する

と進めていってください。

完全退会の際の注意点

アカウントを削除して完全に退会してしまうと、

  • 今までに買った本が読めなくなる
  • MYブックケースが削除
  • ポイントがすべてなくなる

というデメリットがあります。

ブッコミは月額コースに加入していなければ自動で料金は発生しませんので、完全に退会するメリットはあまりありません。

どうしてもすべての情報を消したい、という時にだけ完全退会するようにしてください。

 

関連記事:BookLive!コミックの安全性とユーザー口コミ
(安全面を徹底的に検証し、実際の利用者の口コミなどをまとめています)

関連記事:BookLive!コミックのメリット・デメリット【辛口レビュー】(管理人が実際に使って気付いた良い点悪い点を正直にレビューしています)

 

使ってみて分かった、本当に優良なサイト

eBookJapan:マンガを読む方にもっともおすすめ

会員数160万人以上、ヤフーの子会社が運営するサイトです。

とにかくマンガの充実度とキャンペーンが凄まじく、マンガ中心の方なら一番おすすめ。

2016年のインプレス総合研究所で行われた満足度調査では、全サイト中で1位にもなりました。

AmazonKindleストア:小説や実用書ならココ!

日本でのシェア1位のKindle。

ビジネス書や専門書、小説など「活字」の書籍ならKindleがベストでしょう。

アプリも全文検索やハイライトなど機能が非常に優れています。

FANZA(DMM)電子書籍:オトナ向け作品にめっぽう強い

男性ならご存じFANZA(旧DMMアダルト)が運営するストア。

オトナ向けのジャンルが非常に充実しているのが特徴。他のストアでは取り扱いが少ない同人誌も扱っています。

また大型連休には人気作品が半額で買えるセールを行っているのも魅力。

Copyright© 俺の電子書籍 , 2019 All Rights Reserved.