電子書籍サイトを全部使って比較レビューしています。マンガ・雑誌・書籍向けおすすめストアを紹介

俺の電子書籍

【使う前に!】コミなびの安全危険性と評判・比較を徹底的に

更新日:

コミなび 
運営会社株式会社メディアドゥ
サービス開始年2006年
登録に必要な情報メールアドレス
ログインID
パスワード
メールマガジンあり
料金制度月額コース制
コース料金月額324円~32,400円
支払い方法クレジットカード
ドコモspモード決済
auかんたん決済
ソフトバンクまとめて支払い
楽天ペイ

※以下はポイント追加購入時のみ
WebMoney
BitCash
SSL対応
対応端末パソコン・スマホ・タブレット
SIMフリー端末対応
利用可能台数無制限
機種変更時の引継可能
ポイント有効期限購入から5ヶ月後の末日まで
マンガ閲覧期限巻購入:無期限
話購入:90日~180日
※出版社・作品によって異なります
保存・ダウンロード巻購入の場合、可能
解約時の仕様ポイントは残る
購入したマンガも引き続き読める
年齢制限アダルト作品に年齢確認なし

2006年にガラケー向けコミックサイトとしてスタートしたコミなび。

電子コミックが本格的に流行る前の最初期からあったサイトですが、現在は電子コミックサイトが多すぎて、良いサイトなのかどうか分からない方も多いと思います。

そこでこの記事では、コミなびの安全性や実際のユーザーの評判、他のサイトとの比較を徹底して行いました。これからコミなびを使うかも…という方は是非参考にしてみて下さい!

コミなびはこんな人におすすめ

  • ほとんどマンガしか読まない
  • ボーナスポイントなどを使ってコスパ良く使いたい
  • PCではなくスマートフォンやタブレットを使って読んでいる

ポイント

コミなびはマンガのみを扱うサイトのため、「基本的にはほぼマンガしか読まない」方にはピッタリです。

また月額課金制でボーナスポイントが付くことや、スマホ・タブレットのみアプリの提供があることも覚えておくと良いでしょう。

 

コミなびを使わない方が良い方

  • 小説や雑誌、ビジネス書などの書籍が読みたい
  • TLはBL、アダルトはマンガだけでなく小説も読む
  • 月額で自動課金されるのはイヤだ

注意ポイント

コミなびはマンガ専門サイトのため小説、雑誌、書籍はほぼ取り扱いがありません。TL・BL・アダルトもマンガはありますが、小説は取り扱いなしのため注意が必要です。

また月額コースへの入会は必須で、毎月自動課金でポイントがもらえる仕組みなので、この方式が合わないという方も他のサイトを探したほうがよいかもしれません。

 

コミなびの安全・危険性の判定

+ 安全判定アイコンについて(タップで開きます)

 

素晴らしい基準

良好。問題なし

 

ちょっと不安

危険性あり

特に優秀 運営会社について

運営会社は「株式会社メディアドゥ」。東証一部上場企業である「株式会社メディアドゥホールディングス」のグループ会社です。

東証一部に上場しているグループ企業で、電子コミック専門サイトを運営しているのは他にまんが王国のみです。

事業内容は電子書籍関連がメインで、コミなびの他にも、ビューアアプリや電子書店を簡単に構築できるソフトなどを開発しています。

信頼性という点では、上場するのに厳しい審査があるため日本でもトップクラスに非常に信頼できる企業と言えるでしょう。

特に優秀 株式会社メディアドゥの業績

会社の業績はコミックサイト利用する上で実は重要です。運営会社が潰れたり、サービスが終了したりしてしまうとそれまでに購入したマンガのデータが全部消去されてしまう可能性もあります。

上場企業のため業績が公開されており、会社の売上高は2005年から13年連続で増加。

2017~2018年にかけては、コミなびと連携した「Lunascape」というブラウザがリリースされたり、浜松市に電子図書館サービスを提供したり、韓国の大手電子図書館「YES24」にビューアを提供したりと幅広く展開しています。

業績もしっかりと公開されており、コミなびが継続できなくなるリスクも低いと考えられるので安全性は高いでしょう。

登録に必要な個人情報

登録時に必要な情報は以下の3つです。

  • メールアドレス
  • ログインID
  • パスワード

この3つ、もしくはログインID以外の「メールアドレス」「パスワード」のみで登録できるサイトは多いので、他のサイトと比べても標準的です。

なおこれは「コミなびID」という独自のIDを作ってログインする場合に必要で、「携帯会社ID」「楽天ID」を使ってログインする場合は上3つは全部不要です。

詳しくは以下の関連記事を参考にして下さい。

メールマガジン・迷惑メール

メールマガジンは「コミなびID」作成時のメール配信設定で、受け取るかどうかを選択できます。

配信停止もすぐにできますので、特に問題ないかと思います。

迷惑メールや、1日に何通もメールが送られてくることはありません。

無料コミックの安全性

残念ながら一部で無断アップロードを行っている著作権侵害サイト(海賊版サイト)が存在します。利用した場合、違法ダウンロードの罪に問われる可能性、危険性の高いアプリをインストールさせられる、個人情報の抜き取りの被害に遭うなどの事例もあるので絶対に利用は避けましょう。

コミなびは出版社や作者から正式に許可をとった作品のみを無料公開したり、試し読みできるようにしています。

海賊版サイトを始めとする違法サイトではありません。

無料作品に関してはどれだけ読んでも課金されることはありませんので、安心して下さい。

親や家族にバレる危険性

アダルト系をメインに読む方で、

「明細に読んだマンガのタイトルが表示されてしまわないだろうか」

と不安になる方は多いのですが、どんなコミックを買ってもタイトル名は表示されません。

一例ですが、auで決済した場合は以下のような明細になります。

スマホやパソコンで観ているところを後ろから見られてしまった、などはどうしようもありませんが、明細で分かるのはサイト名と金額くらいです。

万一サイト名で検索されても、コミなびのトップページに「アダルトコミック」「オトナコミック」など記載はなく、パッと見で分からなくなっているため安全な部類だと思います。

料金とポイントについて

コミなびは「月額コース制」のサイトです。

月額コースに入ることで以下の表にあるポイントがもらえます。解約しない限りは自動継続となり、毎月1日にポイントが付与され、課金されます。

このポイントを使ってマンガを購入する仕組みになっています。

料金は高いコースもありますが、ワンクリックで購入になったりすることはありません。必ずカード決済や携帯会社決済のページを挟みます。

最初は300円~1000円くらいのコースから始めてみて、あとでコースを追加・変更するのもおすすめです。

なお、月額コースではなく単発の「ポイント追加」もありますが、こちらはもらえるボーナスが低めに設定されています。

支払い方法

支払い方法は

  • クレジットカード(VISA・MASTER・JCB・AMEX・DINERS)
  • ドコモspモード決済
  • auかんたん決済
  • ソフトバンクまとめて支払い
  • 楽天ペイ
  • WebMoney(ポイント追加時のみ)
  • BitCash(ポイント追加時のみ)

すべて安全性の高い支払い方法で、クレジットカード決済時も外部の信頼の退会システムを使っているため、安全性に関しては問題ないかと思います。

一点だけ注意したいのは、携帯電話決済を使った場合、

  • もらえるボーナスポイントが減ってしまう
  • 選べる月額コースが限られる

ことです。

もし、ボーナスポイントが減ってしまうのが嫌なのであれば、クレジットカードなど別の支払方法に変えることをおすすめします。

SSL(サイトのセキュリティ)

情報を暗号化して送信するSSLは、クレジットカード決済など重要なページで対応しています。

コミなびの場合は全ページでSSL対応しているわけではないのですが、重要な個人情報を送信するページではちゃんとSSL対応されているため、安全性は高いと言って良いと思います。

+SSLとは(タップで開きます)

インターネットで情報をやりとりする際に暗号化して送信する仕組みのこと。クレジットカード番号など重要な情報をやりとりする際には必須。これがないと、第三者が勝手にデータを盗んだり改ざんしたりすることが出来てしまう。

要するに、SSL対応していないと

1.サイトが偽物である可能性がある
2.重要な情報が誰かに盗まれる可能性がある

ということです。

SSLが実装されているかどうかはアドレスの先頭のマークを見れば判別可能です。

(Google Chromeの場合)

ワンクリック課金はあるか

コミなびでは、月額コース登録時・マンガ購入時のどちらも、ワンクリックで購入が完了してしまうことはありません。

必ず確認ページが挟まっています。

ポイント有効期限

ポイントの有効期限は購入した月の5ヶ月後の末日になります。

…と言ってもいつ購入したかなど覚えていないと思いますので、コミなびのマイページで、次月に消えてしまうポイントがある場合はちゃんと表示してくれるので安心です。

マンガの閲覧期限と保存

1巻単位で購入する場合は保存が可能で、閲覧期限もありません。

一方、1話ごとに購入する場合は閲覧期限があります。(サイトでは「再DL可能日数」と表記されています)

また、ごく一部の出版社は1巻の購入でも期限が決められている場合があります。

ちょっと注意 年齢制限

コミなびで唯一安全性に不安がある点です。

アダルトコミックの年齢確認ページがなく、サンプルも誰でも読める状態になってしまっています。

アダルト系は読みたくないという人もいるので、年齢認証ページくらいは入れてほしかったと思います。

退会しやすさ

一部の電子コミックサイトは、無理やり継続させるため「退会方法を意図的にわかりづらく」して退会させないようにしているところもあるので注意してください。

コミなびの退会(月額コースの解除)は特に難しい点はありません。

何度も退会を止められることもないですし、好きなときに料金の支払いを止めることができます。

退会方法については、↓の記事で詳しく解説しています。

退会後のポイントや購入したマンガについて

コミなびでは退会(月額コースを解除)しても、

  • 今までのポイントは有効期限まで残る
  • 買ったマンガも閲覧期限まで読める

という仕様です。つまりデメリットはほぼありません。

例外は、ドコモかauの携帯との合算支払いをした場合、月額コースを2ヶ月以上継続したときの50ポイントボーナスが消える程度です。

 

安全性まとめ

コミなびの安全面で唯一不安があるとすれば「アダルトコミックの年齢確認がない」という点のみです。

他はすべて安全なサイトの基準をクリアしており、使う分にはまったく問題ありません。安心して使えるサイトのひとつです。

公式サイト:コミなび

コミなびと他サイトとの比較

すべての電子書籍サイトと比較するのは難しいので、コミなびの特徴である「マンガに特化」「月額コース制」と比較しやすいサイトを4つ選びました。

eBookJapan

マンガの蔵書数が日本最大級サイトです。1冊ずつ買うタイプなので、月額コース制は嫌いだけどマンガだけ楽しみたい方にオススメ。

コミックシーモア

コミなびと同じ月額コース制。BL・TL・アダルトの取り扱いがコミなびに比べとくに多いです。

まんが王国

コミなびとほぼ同時期からスタートした老舗サイトで、マンガ専門・月額コース制です。コミなびより試し読み(無料コミック)が多い代わりに取り扱い数は少なめ。

めちゃコミック

実はコミなびは元々「めちゃコミ」という名前のサイトでした。サイトアドレスが「https://mechacomi.jp/」(めちゃコミ.jp)なのはその名残です。ですが、おそらく犬のCMで有名な「めちゃコミック」と紛らわしかったので名称変更したのだと思います。

めちゃコミックも同じマンガ専門の月額コース制サイトですが、さまざまな問題があるため、現在は推奨していません。

 

コミなびユーザーの声・評判

コミなびユーザーの声に管理人からひとこと

Twitterで調べたところ、コミなびを使っていてひどく不利益を被った…という声はほとんどありませんでした。(「月額コース制が嫌い」という声はいくつかありました。)

また上の2番めのツイートにあるように、コミなびを含めて複数の電子書籍サイトを使っている方もチラホラ見かけました。

 

まとめ

コミなびは安全性には関してはほぼ問題なく、安心して使えるサイトのひとつです。

とくに月額コースを辞めてもポイントが残り、今まで買った本も引き続き読めるため、「とりあえずお試し」がしやすいサイトだと思います。(もし合わなければ、解約すれば問題ないですからね)

不安であれば、最初は安めの月額コースから使ってみるとよいかもしれません。

 

使ってみて分かった、本当に優良なサイト

eBookJapan:マンガを読む方にもっともおすすめ

会員数160万人以上、ヤフーの子会社が運営するサイトです。

とにかくマンガの充実度とキャンペーンが凄まじく、マンガ中心の方なら一番おすすめ。

2016年のインプレス総合研究所で行われた満足度調査では、全サイト中で1位にもなりました。

AmazonKindleストア:小説や実用書ならココ!

日本でのシェア1位のKindle。

ビジネス書や専門書、小説など「活字」の書籍ならKindleがベストでしょう。

アプリも全文検索やハイライトなど機能が非常に優れています。

FANZA(DMM)電子書籍:オトナ向け作品にめっぽう強い

男性ならご存じFANZA(旧DMMアダルト)が運営するストア。

オトナ向けのジャンルが非常に充実しているのが特徴。他のストアでは取り扱いが少ない同人誌も扱っています。

また大型連休には人気作品が半額で買えるセールを行っているのも魅力。

Copyright© 俺の電子書籍 , 2019 All Rights Reserved.